21回目の韓国 3

火曜日は파주の헤이리 예술 마을(ヘイリ芸術村)に行くことにしました。
2号線합정から2200番のバスに乗って1時間20分ということでした。
立っている人もいるバスはすぐに高速道路に入り(立ったまま!!)
あらゆる車を追い越してガンガン進みます。
トラックも乗用車もバスもすべて追い越すのです。
高速を降りてきついカーブを回ると遠心力で放り出されそう!!
これか!!!!って感じです。

このバスはイムジン河のほとりを北上するのですが
有刺鉄線がめぐらされ、1キロごとくらいに
迷彩色に塗られた監視所があります。
監視所のわきを右に左に車線変更してガンガン

1時間20分のところを40分位で到着してしまいました。
バス停を間違えないようにするのが大変です。
これじゃ時刻表なんて無理よね。

(日本のバスが30秒くらいを調整するために停まっているのに
感動してしまいます。)

f0032261_14193728.jpg


f0032261_1420654.jpg
f0032261_14203762.jpg

f0032261_1421293.jpg

面白い建物や素敵なカフェや楽しそうな店やいろいろあるのですが
し~~んとしていて、閉まってる店も多いし
こういうところは日曜日の混雑してるときのほうが面白いかな。
でも、自然素材のこども服を売っているお店の叔母さんが
コーヒーを入れてくれていろいろおしゃべりできたのが楽しかった。

もっとおしゃべり力をつけたいなとおもいました。
勉強しなきゃ
[PR]
# by 9peace | 2014-10-19 14:31 | 한글 공부

21回目の韓国  2

ユンドンジュの丘から歩いて坂を下りてくる途中で
f0032261_14582774.jpg

통인시장という小さな市場をみつけました。
ここでお昼にします。
(この写真の向きがどうしても変わらない)
f0032261_1505858.jpg

5種類のナッツ類のスープに根菜が入ったおいしいスープでした。
f0032261_1541118.jpg

私は蓮(연근 견과류탕)友人は牛蒡(우엉 견과류탕)を選びました。
とってもおいしかった!!
おかずは取り放題のバイキング方式なのでふた皿も食べてしまいました。

ここからまたぶらぶら歩いて光化門へ
f0032261_15131339.jpg

光化門が建て替えられてまっすぐ勤政殿が見えるようになりました。
以前はちょっとまがっていたのよね~。
そして足は自然と日本大使館前に
f0032261_15173638.jpg

今日も少女像はまっすぐ大使館を見つめています。
警備の少年のような若者に한국 사람요?と聞いてみました。
韓国人だって!  どんな気持ちでここにいるのかしら?
 
それから仁寺洞へ  なれたところに足が向いてしまうのですね。
何時ものお店を覗いて、、、、、
雨が降ってきたのでカフェでお茶して、何をするでもなく
一日が過ぎていきます。

宿は2号線삼성역と 선릉역の中間くらいの裏道にあるのですが
地下鉄を出てからどっちに行くのかさっぱりわかりません。
色々な人に聞きました。教えてくれたり途中まで連れて行ってくれたり
本当にお世話になりました。
世話好きでやさしい、あったかい人に今回も恵まれました。
ありがとう 감사함니다
[PR]
# by 9peace | 2014-10-15 15:44 | 한글 공부

21回目の韓国 ソウル

目的も何もなく なんとなく「行きたいね~~」と
9月28日から10月1までソウルに行ってきました。
羽田をたつとしばらくして、
「左の窓から富士山と御嶽山の噴煙が見えます」
と、機長からの放送がありました。
残念!私の席からは見ることもできず、写真も撮れませんでした。

夕方近く金浦空港に到着。今回は無事ガイドさんと会えて、
ワゴン車でホテルへ。
もうすっかり暗くなって外へ出る気にもならず、TV三昧を決め込みます、、が
TVのつけ方がわからなくてフロントに聞きに行き、何とかついたけど音が出ない!
またフロントに行って、結局部屋を変わってやっと落ち着きました。

윤 동주 문학관(ユン・ドンジュ文学館)と 파주 헤이리예술마을(ぱじゅヘイリ芸術村)に
行きたかったのですが、2日目月曜日はどこも休みです。
地図を見ていてホテルの近くに한국자수박물관(韓国刺繍博物館)があるから行ってみようと
またフロントで調べてもらってタクシーで行くようにと住所のメモをくれました。(月曜日開館)
これかなり韓国語でやり取りしたんですよ~。
同じ宿に日本人の観光客がフロントにあれこれ言ってくるのをちょっとお手伝いしたり。
(ほんのちょっとね)

2日目
タクシーで자수박물관(刺繍博物館)へ
運転手さんがすごくいい人で近くまで行ってもどこかわからなかったら
清算してから(200Wおまけしてくれて)電話して調べてくれて
前まで連れて行ってくれました。
ここは何年か前にハングルキルトを作るために布を買いに来た時も寄ったところでした。
f0032261_20243463.jpg


ここからユンドンジュ文学館に行こうと地下鉄で景福宮へ。
そしてついに市内バスデビュウ!
자하문고개で下車するのですが一つ手前で降りてしまったみたい。
お陰でこんな風景に出合いました。
f0032261_2031426.jpg

文学館は見事に閉まっていて、雨は降ってくるし、、、、、
f0032261_20331977.jpg

でも脇の階段を上がっていくと、カフェがあって
f0032261_2034187.jpg

その上に遊歩道があり、ユンドンジュの詩碑がありました。序詩という詩です。
f0032261_20351485.jpg


ここは城壁に沿ってある遊歩道で「ユンドンジュ詩人の丘」というところでした。
[PR]
# by 9peace | 2014-10-11 20:48 | 한글 공부

プリンスエドワード島はキルトの島

 小さな灯台の中、昔の燈台守さんのベットにも
f0032261_13193854.jpg

美しいお庭を見せてくださったお宅にも
f0032261_13214364.jpg

f0032261_13224150.jpg

キルト作家のおうちにはもちろん
f0032261_13254255.jpg

f0032261_13263364.jpg
f0032261_1328283.jpg
f0032261_13282645.jpg

これは100年以上前に作られたアンチークキルト
f0032261_13291426.jpg

泊まった部屋にも
f0032261_13305529.jpg

飾られたのではなく、暮らしの中で使われているキルトは生き生きしていました。

長い冬をキルトを作りながらゆっくり過ごすPEIの暮らしはすばらしいな
[PR]
# by 9peace | 2014-09-23 13:38 |

ANNEの世界

キャベンディシュのお宿はここ、Kindored Spirits
f0032261_7591644.jpg

ここから隣のおうちの庭をとおって藪を抜けゴルフコースを横切ると
グリーンゲーブルスの受付がある。
f0032261_9104416.jpg

グリーンゲイブルスの裏が恋人の小道、
f0032261_91364.jpg

前がお化けの森
f0032261_9275075.jpg

お化けの森もゆっくり歩いて10分もあれば通り抜けられる
お化けの森を抜けると、モンゴメリーのお墓
f0032261_9153729.jpg

すぐ隣に教会も
f0032261_9172823.jpg

anneが帽子に花を飾ってでかけてマリラに怒られた教会かな
モンゴメリーとアンと村岡花子がごっちゃになりそう

自由時間がたくさんあったのでこの辺をなんどもあちこち歩き回りました。

どこを見ても写真が撮りたくなってしまう美しさです。
[PR]
# by 9peace | 2014-09-15 09:29 |

赤毛のアン の世界へ

グリーンゲイブルス
f0032261_14362666.jpg

赤毛のアンといえばグリーンゲイブルスですが
もう一つ、グリーンゲイブルス博物館があって(モンゴメリーの叔母さんの家)
f0032261_1454487.jpg

万能調理器、アイロンや部屋も温めるストーブや
f0032261_1456644.jpg

スゥ・マンシーさんが8歳の時に作り始めたログキャビンキルト
f0032261_14594068.jpg

アンはキルトが好きではなかったけれど
モンゴメリーさんのクレージーキルトは見事です
f0032261_15171987.jpg

[PR]
# by 9peace | 2014-08-17 15:18 |

島の南からアンの世界へ

コンフェデレーション ブリッジ 
冬には凍ってしまう海にかけられている
f0032261_20532410.jpg

「赤毛のアン」の冒頭、アンが迎えに来たマシュウと出会った駅のモデル ケンジントン駅
今は鉄道はないのでパブになっている
f0032261_2056115.jpg

モンゴメリーの生家
f0032261_213960.jpg

お昼を食べたレストランの開放された窓から見えた風景
プリンスエドワード島PEIはどこを見てもこんな風にきれい
f0032261_2155048.jpg

国立公園  赤い土が崩れていく海岸線 
f0032261_2110257.jpg

どこもここも すべて写真を撮りたくなってしまう
f0032261_21143755.jpg
f0032261_2115362.jpg
f0032261_21172186.jpg

f0032261_21195057.jpg

[PR]
# by 9peace | 2014-08-12 21:21 |

PEI シャーロットタウン

f0032261_21523074.jpg

お庭拝見ツアーは午後から
それまでのんびりとシャーロットタウンをお散歩
海際もこの島の石で囲んであって溶け込んでる感じ
向こうに見えるのはビクトリアパーク。
f0032261_2159785.jpg

f0032261_2202499.jpg

町の中はどこも美しくて、静かで、空が広くて
f0032261_2234112.jpg

バンクーバーの消防署もかわいかったけどここも


午後は広大なお庭を美しく手入れしているキャロリンさんのお庭拝見
f0032261_2271466.jpg

f0032261_2284512.jpg
f0032261_22105283.jpg

木の柵や小屋もご主人と息子さんの手作りですって!!
奥様の趣味を陰でしっかり支えているご主人。

f0032261_22141360.jpg

夕食は「赤毛のアン」も登場してアン・ディナー

明日はキャベンディシュに向かいます。
[PR]
# by 9peace | 2014-08-11 22:20 |

プリンスエドワード島

  もう一月も前のことになります。遅い報告ですが、
6月27日出発7月4日帰国で行ってきました。
「キルトの島」プリンスエドワード島へ。



朝の連続テレビ小説が「花子とアン」だなんてまだ知らない今年1月頃に
「プリンスエドワード島」に行こう!ときめて、うきうきしてました。
私はもちろん「赤毛のアン」も読んでたけど、  初めに
プリンスエドワード島に行きたいと思ったのは、キルトがきっかけでした。

ツアーでもキルト作家を訪ねるオプションが成立してよかった!
(成立しないことが多かったそうなので)

今回なんと飛行機はA席!!!乗り継いでからもA席!!!
外が見えるではありませんか!!
飛び立って7時間後、2回食事が出た後、そっと窓を開けてみると
f0032261_223787.jpg

頂上に雪を乗せた険しい山々。
時差というのがどうもよくわからないのですが、夜に向かって飛んでるはずなのに
結構明るいのは「白夜??」
それからほぼ1時間後
f0032261_2245847.jpg

f0032261_2246074.jpg

f0032261_2246993.jpg

だんだん険しさがなくなって、なだらかな平原のようなところに川が流れていたり、、、
それから2時間後にまた食事が出て、すっかりブロイラー気分になったころ
f0032261_2252664.jpg

ついに人の気配がし始めました。
プール付の家が立ち並んでいたり!  トロントに到着です。
f0032261_2301157.jpg

f0032261_22562735.jpg

各国語のお出迎えですが日本語はなかったので韓国の少女「환영합니다」
12時間は長い。
それからまた50人乗りの飛行機で2時間。ここもA席
f0032261_2363536.jpg

夜になったトロントを飛び立ち
f0032261_2382059.jpg

やっとプリンスエドワード島に到着。ちょうど12時間の時差があり、夜中の12時半です。

ってことは27日17時50分に飛び立って到着は28日の12時30分で
ここまで18時間20分も経っている~~   
ゆっくり寝て のんびり観光は明日からです。 もう時差のことは考えるのやめます。
[PR]
# by 9peace | 2014-07-27 23:34 |

磯子区民ホールギャラリー

毎年のことですが、今年もまた磯子区役所1階ロビーの
区民ホールギャラリーに九条キルトを飾りました。
7月10日から15日まで、ということで9日の午後に
飾り付け16日午前中に取り外しました。
f0032261_16152249.jpg

f0032261_16172713.jpg

飾り始めるとすぐに今まであまり関心なさそうだった男性が熱心に見ていたり
若い人が英文を読んでいたり
何か今までとは違う雰囲気を感じました。
f0032261_16184191.jpg

久しぶりの新作「若林國次」書
息子さんご夫婦がわざわざ見に来てくださいました。
国の字が旧漢字になっているのはお名前の字だというお話を聞けたのが
嬉しかったです。謎が解けた感じ。


ここで展示している間に「原爆展」を開きたいと計画し
実行委員会など立ち上げました。
磯子ではずいぶん前に「原爆展」を開いたことがあるそうなのですが
私としては初めて感満載で!!!
何をどうすればいいの??と?マークだらけからの出発でした。
f0032261_16353178.jpg

壁際にパネルを飾り、本やDVDをかけて、真ん中は折り紙コーナー
隣の部屋で被爆者のお話を聞きます。
f0032261_16382054.jpg

予想をはるかに超えて、部屋からあふれるほどの方が
お話を聞いてくださいました。

また来年も開催します。

そんなこんなであわただしく
6月27日から7月4日まで「プリンス・エドワード島」に行っていたのを
忘れそうになっています。
美しい景色とのんびりした雰囲気とあれこれは
そのうちゆっくりUPします。
[PR]
# by 9peace | 2014-07-18 16:48 | 展示日記