カテゴリ:「てつ&九条」韓国( 22 )

4月28日 タプコル公園

憲法九条ツアー第二弾の一日目
西大門刑務所博物館のあと、
タプコル公園に行きました。
1919年3月1日、3・1独立運動の宣言文が読み上げられ
ここから全国に日本からの独立のための運動が
広がった、神聖な場所。
10年位前まで日本人はここで、怖い思いをすることが
多かったと言う話を聞きましたが、、、
九条キルトを広げてみると
f0032261_23363518.jpg

大勢の人が真剣に読んでくれました。
受け入れてくれたのだと思いました。
九条の持つ力を感じた出来事でした。
[PR]
by 9peace | 2007-06-24 23:37 | 「てつ&九条」韓国

「てつ&九条」韓国第二弾8

f0032261_1084554.jpg
f0032261_109420.jpg

九条ツアーの3日目。ナヌムの家に行きました。
2回目のナヌムの家では大きな横断幕と日よけが作られていて感動!!
f0032261_1011789.jpg

去年とは比べ物にならないほどの大勢の参加者です。
メディアのカメラも沢山ありました。
日本から約90名、韓国からは、いつも「ナヌムの家」を支援している
グループや団体の方々、230名が参加しました。
韓国のグループの中には韓国の男性と結婚した
日本人女性のコーラスグループや、「統一教会」関係の方も居るそうです。
f0032261_10182434.jpg

キルトを持ってくださったハルモニとKei .Sugarさん。
f0032261_10194764.jpg

てつさんが「九条」を歌うときバックでキルトを掲げました。
左端を持ってくださっているのは”なんと!”
去年その事務所に伺ってお話を聞いた「アジア平和と歴史教育連帯」の委員長さんです。
今回の九条ツアーを協賛してくださった団体です。
今回こんなに発展した形で開催できたのは協賛してくださった
「ナヌムの家」と「アジア平和と歴史教育連帯」のお陰です。

「アジア平和と歴史教育連帯」の委員長さんが
とてもきれいな日本語で「頑張りましょうね。私も頑張ります」
とおっしゃってくださったのも嬉しい出来事でした。

f0032261_1146076.jpg

お弁当は「キンパプ」かわいいチュモニにお菓子が入っていて大好評でした。

f0032261_1148921.jpg

会の最後には「ハルモニ」が挨拶してくれて!!!
こんなこと普通は絶対ない。よほど感動してくれたのだ!!と
ツアースタッフは喜んでいました。

お弁当を食べた後、コンサートが始まる前に
f0032261_13335914.jpg

庭でiyonmさんに手伝ってもらってキルトを広げてみました。
[PR]
by 9peace | 2007-05-21 10:16 | 「てつ&九条」韓国

[てつ&九条」韓国第二弾 7

ソウルの地下鉄にはじめて乗りました。(iyonmさんの後をくっついて)
路線の色と、駅は番号で表示されていて
分かりやすいですね。

電車の中に物を売る人がくると聞いていましたが
本当に来ました!!
何か大声で話した後、座っている人のひざの上に
ハンカチを次々置いていき、端から回収していくのです。
寄付を募っていたのかもしれません。
この車両で2000ウォン集まりました。

道路の真ん中で果物を売っていたり、、、
(どうやって買えばいいんだろう。車は止められない)

たくましく生活しているのですね~。
何だか嬉しくなってしまう光景です。
[PR]
by 9peace | 2007-05-18 07:57 | 「てつ&九条」韓国

「てつ&九条」韓国第二弾6

28日の夕方
清渓川のほとりで「ミニコンサート」
f0032261_20123446.jpg

土曜日でフェスティバル中
家族ずれや恋人同士、などなど人どうりも多く
盛り上がりました。
川を挟んで向こうが舞台、こちら側には大勢が座っているのです。
[PR]
by 9peace | 2007-05-13 20:15 | 「てつ&九条」韓国

「てつ&九条」韓国第二弾5

28日はオプションで民族村に行くグループと、
去年も話を聞いたチョ・ヨンサム先生と梨泰院などを
見学するグループに分かれたのですが、
iyonmさんと私は自由行動で韓国の歴史体験!!
その中身はiyonmさんのページに任せることとして
f0032261_1804080.jpg

朝の散歩中にホテルのすぐ裏で見つけた保育園
そしてほんの少し買い物をして、、、、
カメラがないことに気づきました。
iyonmさんはすぐに本を見てなんと言うか調べていましたが
「大丈夫!カメラ!カメラ!って叫べば分かってくれるから」と言う私!
語学がだめな理由を発見しました!
そして結局カメラはバックの中にありました。
先が思いやられます。
f0032261_189890.jpg

[PR]
by 9peace | 2007-05-09 18:09 | 「てつ&九条」韓国

『てつ&九条」韓国第二弾4

タプコル公園のレリーフの説明を聞いた後
景福宮に行きました。
光化門は本来の姿に戻すための工事中でした。
2009年に完成するそうです。
本来の国の姿を取り戻すエネルギーに感服します。
f0032261_857598.jpg

お腹がすいた~という声があちこちから聞こえ始めたころ
f0032261_8591348.jpg

こんなステキなレストランに到着。「三元ガーデン」
f0032261_90074.jpg

プルコギ!!
ここで、関西から参加した方々と合流。90人のツアーになりました。

f0032261_941266.jpg

ホテルの部屋に入るとiyonmさんが叫びます。「9だ!」
暫らくすると10になり、11になり、、、時計でした。
何ぼなんでもソウル中が九条を歓迎してくれたわけではないのに
「私たちって9に反応しすぎ?」と大笑いしてしまいました。
[PR]
by 9peace | 2007-05-09 09:03 | 「てつ&九条」韓国

「てつ&九条」第二弾3

西大門刑務所博物館のあとタプコル公園に行きました。
1919年3月1日日本の支配からの独立をめざした独立運動の発祥の公園なので
日本人はここで怖い思いをすることが多くあったそうです。

ここで、私は許しもうけずに「キルト」を広げました。
スタッフやてつさんは「何かあったら!!」と緊張したのだそうですが、

女子高校生4人が楽しそうに話していました。
一人は日本からの留学生でした。
日本では「九条」の勉強をしなかったそうです。

おじさんたち何人もが真剣に読んでくれました。
絵葉書も受け取ってもらえました。

家族ずれで来ていた方は、「日本人がどうしてこれを持ってきたんだ!」
と聞いてきました。
通訳のイさんが飛んできて話してくれました。
「反省と友好の意味で、九条を守るために」
「日本人はみな同じかと思っていたけれど違う人もいるんだな」

ニューヨークでもそうでしたが、九条は恨みや憎しみを越え
平和を築く力になるのだと思いました。




今回の旅の一番大切な出来事だったかもしれません。
[PR]
by 9peace | 2007-05-08 13:44 | 「てつ&九条」韓国

「てつ&九条」韓国第二弾2

仁川空港から西大門刑務所博物館に向かいました。
二度目ですが、慣れることは出来ません。重い場所です。
f0032261_1416191.jpg

祖国の独立のために、
日帝の侵略に立ち向かって戦った末に、
命をささげた愛国烈士を偲び、
烈士の自主独立の精神を振り返る、
生きた歴史教育の場。
  と、パンフレットにありました。

若い人が沢山来ています。
f0032261_14164095.jpg

館長さんが話してくださいました。
f0032261_1417188.jpg

追悼碑
f0032261_14172136.jpg

死刑になった方の遺体を仮埋葬所に運ぶ秘密のトンネルも死刑場の裏にありました。
f0032261_1417401.jpg

女性だけを投獄した獄舎。柳寛順窟
f0032261_14181612.jpg

f0032261_14183957.jpg

ここで、若い人に九条のキルトを見てもらいたかったのですがチャンスがありませんっでした。
でも何人かの方に「絵葉書」を渡しました。館長さんにも渡すことが出来ました。

去年は、日本への悪口などが落書きされていると言う説明があったのですが
今年は白いペンキで消されていました。
[PR]
by 9peace | 2007-05-06 14:31 | 「てつ&九条」韓国

てつさんと行く韓国 第二弾

ご無沙汰していました。
4月27日から5月1日までiyonmさんと一緒に韓国に居ました。
去年の「てつ&九条」の第二弾!!
楽しくて重た~い旅です。
f0032261_1137343.jpg

上空から見ると成田空港も小さいね!
f0032261_11375483.jpg

水田に光が反射して美しい、瑞穂の国!!田植えはこれからなのですね!
f0032261_1138913.jpg

おいしい機内食ははずせない被写体です。
今回も嬉しいことに窓際の席です。幸せです。神様ありがとう!!
f0032261_11433574.jpg

韓国上空は薄い雲がかかっていたけれど、高層アパート群は上空から見てもスゴイ!!
ゴルフ場もありますね。

4回目の韓国は何が起こるのでしょうか?
乞う!ご期待!!!
[PR]
by 9peace | 2007-05-04 11:40 | 「てつ&九条」韓国

九条ツァーの終わりに

ソウルでガイドしてくれた高京子さんは、訛りのない美しい日本語でした。
私たちのツァー内容に心を許してくれたのか、最後に本音で話してくれました。
「以前に、日本人のツァーで侵略のことを話したら、後で苦情が沢山来て
そういうことは二度と話してはいけないと思っていた。今回の人たちは違っていた。」と

慶州のガイド李末淑さんは日本の憲法を全く知らなかったけれど、
今回のツァーの為にインターネットで調べたと、九条の条文を暗記していました。
そして、日本の修学旅行も沢山来るけれど、先生から「侵略のことは話さないでほしい」と言われ「すべてのことが日本とつながっているのにそれでは何も話せない。何のために来ているのか判らない」と言っていました。
「お互いを理解しあうには知ることが大切なのでは?」とも

私たちのツァーは韓国で普通に働いている女性たちとも心を
通わせることが出来たのでした。

それにしても、何度も皆さんの口から語られた「侵略」「靖国」「小泉」「教科書」
日本の側から見たときとは全く違う色合いの感じられる言葉たちは
全く違う内容を含んでいるものでした。
この違いを埋めるのは、わたしたち庶民の交流ではないでしょうか。
[PR]
by 9peace | 2006-06-12 10:52 | 「てつ&九条」韓国