カテゴリ:韓国で民主主義を考える( 7 )

老斤里 ノグンリ 노근리

井邑で昼ごはんの後、バスで2時間半。
永同(영동)へ

「ノグンリ」って聞いたこともなくて「なんだ???」って感じで行ったのだけれど
   事件の経過
     1950年7月(朝鮮戦争が始まって1か月後)北朝鮮は破竹の勢いで
     南下していました。不意を突かれた米軍と韓国軍は南に向け敗走中。
     ヨンドン郡の住民は米軍から「安全なところに避難させるから南下しろ」という
     命令で500名ほどが荷造りして避難しはじめます。
     ノグンリの京釜線の鉄橋に差し掛かると米軍は避難民の荷物検査をし
     カマやノコなどを取り上げます。そして住民を指揮していた兵士は、
     本部と無線連絡した後その場を離れました。
     すると間もなく、米軍のP51スタング戦闘機が現れました。 
     戦闘機は鉄橋の上にいた避難民をめがけて機銃掃射を始めました。
     逃げ惑う避難民を銃弾が容赦なく襲いました。
     人々は先を争って、鉄橋下の水路用トンネルに駆け込みました。
     しかしそこは避難所ではなく、彼らの墓地になってしまったのです。
     米軍は、トンネルの両側に機関銃を設置し、一斉射撃を加えました。
     住民には理由もわからないまま3日間も銃撃が続いたのです。
     夜間の闇をついて逃げ出した一部を除いて、
     死体の山を築いてしまったのです。
今も上に鉄道が通っています(ここはノグンリ事件の現場です) 
f0032261_21372337.jpg
 
○は銃弾の跡、△はまだ銃弾が残っているところ
f0032261_21405941.jpg

右の矢印の人は体験者。6歳ぐらいの時のことで親と一緒に山に逃げたそうです。
左の矢印は水が出ていたところ。水を飲みにトンネルを出ると狙い撃ちされた!!
f0032261_21504943.jpg
 
上の写真の反対側。
ノグンリ記念館は銃弾跡を模した穴がいっぱい空いているつくり。
f0032261_21565567.jpg
 
ここにも蝶(나비)が
f0032261_21595093.jpg


ノグンリ事件が公になったのは1994年、虐殺事件で幼い息子と娘を失った
チョン・ウニョン氏が「ノグンリ虐殺事件 君よ我らの痛みがわかるか」という本を
出版してからです。
米の秘密文書のマル秘扱いを解かれたとき虐殺事件関係のファイルが
発見されました。
「戦闘地域を移動するすべての民間人を敵とみなし発砲せよ」

このツアーの中にこの事件をよく知っている人がいました。
この事件を描いた「小さな池」(작은 연못)という映画を見たというのです。

帰ってきてから、ツタヤに行きました。
ありました。準新作で!
子供が泣くとまた撃たれてしまう。静かにさせろ!と言われて池に沈めてしまった、、、、

日本でもそんな話がありましたよね。沖縄で、ガマの中で、


戦争のもとでは知られていない同じような事件がもっともっと
たくさんあるのではないでしょうか?

今回の旅でもっとも衝撃的な出会いでした。
[PR]
by 9peace | 2013-10-29 10:31 | 韓国で民主主義を考える

光州二日目

旅報告!早くしないと忘れてしまいそう!!
そのうえ、四日後にはまた韓国だ!!!
今度はのんびり遊び旅だから  
重たい報告は早くしておきたいんだけど?


さて光州二日目も
f0032261_15505763.jpg

光州学生独立記念塔  錦南路脇にある

そして次は
光州学生独立運動記念館
f0032261_15592465.jpg

入るとまず多くの犠牲者の写真と祭壇
それから展示
f0032261_1603989.jpg

植民地時代(1929年)日本人学生が韓国の女子のおさげを引っ張ったことに
端を発した衝突や、
長い歴史の中で繰り返された抵抗運動の記録がいっぱいあります。
118段の階段の上にはろうそくをかたどった記念碑
f0032261_1664126.jpg

参加したすべての学校の名前を刻んだ石碑など
f0032261_168403.jpg


光州ではこうした記念館ばかりを見て回りましたが
地図をみると道庁は「国立アジアの殿堂」に生まれ変わりつつあるし
「芸術の街」や「歴史文化マウル」が造成中だったり
面白い街になりそうで、また行ってみたいな~と

それからバスの中で「朝露」(아침이슬)などガイドさんが用意してくれた
歌を聴きながら井邑(정읍)へ
ここでは東学農民革命記念館へ
f0032261_16233431.jpg

東学農民革命運動も日本と深く結びついているのだけれどここでは割愛!

次にいった老斤里(노근리)ノグンリがあまりにも衝撃的だったので
ほかの印象がすっ飛んでしまいました。
[PR]
by 9peace | 2013-10-28 16:43 | 韓国で民主主義を考える

国立5・18民主墓地

自由公園の後、錦南路を通り、道庁と噴水を見て
「国立5・18民主墓地」に向かいます。
旧道庁は「国立アジア文化の殿堂」に生まれ変わる工事中で
噴水も残されるそうです。
残念なことにロータリーの中で、車が止められないし、
時間もないし、と近くで見ることができませんでした。
5・18民衆抗戦追慕塔
f0032261_9122966.jpg

遺影奉安所の入ると目の前いっぱいに写真
f0032261_9101059.jpg

写真のない人はむくげの写真が(무궁화)
子供もいますね。
f0032261_9161225.jpg

武装構想群像
f0032261_917625.jpg

壬辰倭乱から東学農民運動、3・1独立運動、光州学生独立運動、4・19革命
5・18民主化運動、統一マダンのレリーフ
f0032261_9225855.jpg

墓地
f0032261_9283880.jpg

裏にメッセージを刻んだものも
f0032261_9342113.jpg


長い間国民にも真実が伝えられなかった光州事件も今は展示館もあり
国内外からの訪問者も迎え入れる空間になっています。


      年表を見ていて気付いたのですが
      IOCがソウル五輪を決めたのは1981年9月のことです。
      軍が市民を虐殺した光州事件の翌年で、
      金大中に死刑判決が下り(即日無期減刑)
      再び軍事政権が始まった時です。

      そして、ソウル五輪が開かれた1988年は
      盧泰愚が、光州事件を「民主化のための努力」と認め
      やっと本当の民主化が見え始めたころです。

      東京五輪も
      福島を解決しろというIOCからのメッセージでしょうか?
[PR]
by 9peace | 2013-10-17 09:56 | 韓国で民主主義を考える

光州事件とは

光州空港で飛行機を降りると(タラップで)すぐ目の前に
戦闘機がありました。
そして空港近くの当時戒厳軍の指揮所だった場所(尚武台)で
5・18自由公園と5・18記念公園として造成されたところに行きました。


    その前に光州事件とは?
    映画「光州5・18」やドラマ「砂時計」に描かれていますが
    その背景を予習します。


    1963から1979年まで朴正煕による軍事独裁が続いていました。
    1979年、釜山、馬山事件という朴正煕退陣要求の大きなデモが起こり
    朴政権の内部抗争の形で部下だった金載圭が朴正煕を射殺します。
    催圭夏国務総理が大統領権限を代行し80年2月に金大中など687人を
    復権させ、民主化への期待が高まっていました。
    けれど水面下では新軍部と言われる、全斗煥、盧泰愚などの力が強く
    なっていました。
    1980年4月ごろから労働者学生のデモが頻発し5月15日には
    10万余の学生が、学園の民主化、軍事教練反対、戒厳令の解除
    などを求めソウル駅前に集結しましたが、市民の呼応が少なく
    軍隊出動のうわさが飛んだためデモは終結しました。
    1980年5月18日に戒厳司令部は金大中など26人を逮捕し
    金泳三を自宅軟禁しました。
    そのうえ、戒厳令を拡大し政治活動の停止、言論、出版、放送の事前検閲
    大学の休講などを盛り込み布告され全国の民主化運動は沈黙を
    余儀なくされました。

    しかし全国で唯一この沈黙を破り、新軍部の支配に挑戦した都市の
    学生、市民がいました。

     これが光州市でした。

自由公園の案内板
f0032261_13534231.jpg

中に入るとまず正面に、道庁前広場の噴水を取り囲んで集会をする学生市民の写真があります。
f0032261_13544165.jpg

表には軍に捕まえられ連行される姿が
f0032261_13565368.jpg

拷問のシーンもありました。
そして、一方的な裁判がされた法廷も残されていました。

光州を無差別に鎮圧せよ
    作戦名   「華麗なる休暇」

秩序を持って行動していた学生たちに20,000人余の空輸部隊が投入され
最後は市民軍となって道庁に立てこもった人々も27日には流血を持って
鎮圧されてしまうのです。
[PR]
by 9peace | 2013-10-12 14:35 | 韓国で民主主義を考える

18回目の韓国は

予習した「韓国現代史」という本の『はじめに』に書かれている文を引用し
なぜこのツァーに参加したのかを考えたいと思います。

  解放と分断、戦争、貧困、独裁政治、クーデター、軍事政権、民主化運動、
  そして経済破綻と、第二次世界大戦後の韓国の歩みは、私たちの生きる
  日本では想像を絶するような波乱に満ちている。
  この凄まじいまでの歴史の歩みの中で、人びとは、傷つき、殺戮で家族を失い、
  ちりぢりに離散し、飢えに苦しみ、街頭でデモをし、拘留され、拷問にあい
  死を賭して圧政に立ち向かい、友を失い、、、、、、
  と、実に様々な試練を潜り抜けてきた。
  中略
  日本は平和憲法のもとにあって、韓国社会の戦後の歩みとはきわめて
  対照的な道を歩んできた。
  W杯サッカーの共催や韓国ドラマが空前のブームとなった「韓流」を経て、
  韓国は日本人にとってかつてない身近な国となった。
  しかし、韓国のスターたちのほほえみの背後に、人びとがまさに
  生き死にを賭けて築いてきた現代史の営みがあることに思いを巡らせる
  日本人はやはり少ない。


慰安婦問題さえ知らなかった私が、韓国が好きだなどと言えるのか?
のほほんと遊びにいっていいのか?  と  心の隅でずっと思っていた。
好きだというには相手を知ることではないか。

本を一冊読んだくらいで、たった4日の旅行をしたくらいで、
韓国の人々のことを知ることにもならないけれど、せめて、、、、、、
[PR]
by 9peace | 2013-10-09 11:58 | 韓国で民主主義を考える

金浦空港から光州へ

「韓国現代史」という本を読んで「砂時計」(모래시계)`をみて
そんな程度の予習で出かけたのですが、、、、、、

金浦空港で国内線に乗り換える1時間の待ち時間に
「映画を見よう」という友人にくっついて、「관상」という映画を
30分くらい見ました。
内容はよくわからないのですが、面白そうなので
日本に来たら日本語字幕で見てみたいです。
「조선의 운명,이 얼굴안에 있습니다」
(朝鮮の運命がこの顔の中にあります)
とチラシのキャッチコピーにありました。


大田や全州の上空です。
f0032261_21234877.jpg
f0032261_21241214.jpg

一面の穀倉地帯ですが都市が近くなると、ビニールハウスが多くなります。


歴史的な順ではなく、行った順にUPしていきます。
[PR]
by 9peace | 2013-10-08 21:30 | 韓国で民主主義を考える

真面目な旅行

「韓国で、民主主義を考える」という
難しいツアーに参加して、いろいろ勉強してきました。
9月25日から28日までの3泊4日の旅
その間  買い物時間ゼロ!自由行動ゼロ!
お金使ったのは飲み物を2本ほど買っただけ!!

時にはこんなのもいいかも!!

少し整理して勉強してからUPしますね~~
[PR]
by 9peace | 2013-10-01 20:49 | 韓国で民主主義を考える