カテゴリ:旅( 23 )

プリンスエドワード島はキルトの島

 小さな灯台の中、昔の燈台守さんのベットにも
f0032261_13193854.jpg

美しいお庭を見せてくださったお宅にも
f0032261_13214364.jpg

f0032261_13224150.jpg

キルト作家のおうちにはもちろん
f0032261_13254255.jpg

f0032261_13263364.jpg
f0032261_1328283.jpg
f0032261_13282645.jpg

これは100年以上前に作られたアンチークキルト
f0032261_13291426.jpg

泊まった部屋にも
f0032261_13305529.jpg

飾られたのではなく、暮らしの中で使われているキルトは生き生きしていました。

長い冬をキルトを作りながらゆっくり過ごすPEIの暮らしはすばらしいな
[PR]
by 9peace | 2014-09-23 13:38 |

ANNEの世界

キャベンディシュのお宿はここ、Kindored Spirits
f0032261_7591644.jpg

ここから隣のおうちの庭をとおって藪を抜けゴルフコースを横切ると
グリーンゲーブルスの受付がある。
f0032261_9104416.jpg

グリーンゲイブルスの裏が恋人の小道、
f0032261_91364.jpg

前がお化けの森
f0032261_9275075.jpg

お化けの森もゆっくり歩いて10分もあれば通り抜けられる
お化けの森を抜けると、モンゴメリーのお墓
f0032261_9153729.jpg

すぐ隣に教会も
f0032261_9172823.jpg

anneが帽子に花を飾ってでかけてマリラに怒られた教会かな
モンゴメリーとアンと村岡花子がごっちゃになりそう

自由時間がたくさんあったのでこの辺をなんどもあちこち歩き回りました。

どこを見ても写真が撮りたくなってしまう美しさです。
[PR]
by 9peace | 2014-09-15 09:29 |

赤毛のアン の世界へ

グリーンゲイブルス
f0032261_14362666.jpg

赤毛のアンといえばグリーンゲイブルスですが
もう一つ、グリーンゲイブルス博物館があって(モンゴメリーの叔母さんの家)
f0032261_1454487.jpg

万能調理器、アイロンや部屋も温めるストーブや
f0032261_1456644.jpg

スゥ・マンシーさんが8歳の時に作り始めたログキャビンキルト
f0032261_14594068.jpg

アンはキルトが好きではなかったけれど
モンゴメリーさんのクレージーキルトは見事です
f0032261_15171987.jpg

[PR]
by 9peace | 2014-08-17 15:18 |

島の南からアンの世界へ

コンフェデレーション ブリッジ 
冬には凍ってしまう海にかけられている
f0032261_20532410.jpg

「赤毛のアン」の冒頭、アンが迎えに来たマシュウと出会った駅のモデル ケンジントン駅
今は鉄道はないのでパブになっている
f0032261_2056115.jpg

モンゴメリーの生家
f0032261_213960.jpg

お昼を食べたレストランの開放された窓から見えた風景
プリンスエドワード島PEIはどこを見てもこんな風にきれい
f0032261_2155048.jpg

国立公園  赤い土が崩れていく海岸線 
f0032261_2110257.jpg

どこもここも すべて写真を撮りたくなってしまう
f0032261_21143755.jpg
f0032261_2115362.jpg
f0032261_21172186.jpg

f0032261_21195057.jpg

[PR]
by 9peace | 2014-08-12 21:21 |

PEI シャーロットタウン

f0032261_21523074.jpg

お庭拝見ツアーは午後から
それまでのんびりとシャーロットタウンをお散歩
海際もこの島の石で囲んであって溶け込んでる感じ
向こうに見えるのはビクトリアパーク。
f0032261_2159785.jpg

f0032261_2202499.jpg

町の中はどこも美しくて、静かで、空が広くて
f0032261_2234112.jpg

バンクーバーの消防署もかわいかったけどここも


午後は広大なお庭を美しく手入れしているキャロリンさんのお庭拝見
f0032261_2271466.jpg

f0032261_2284512.jpg
f0032261_22105283.jpg

木の柵や小屋もご主人と息子さんの手作りですって!!
奥様の趣味を陰でしっかり支えているご主人。

f0032261_22141360.jpg

夕食は「赤毛のアン」も登場してアン・ディナー

明日はキャベンディシュに向かいます。
[PR]
by 9peace | 2014-08-11 22:20 |

プリンスエドワード島

  もう一月も前のことになります。遅い報告ですが、
6月27日出発7月4日帰国で行ってきました。
「キルトの島」プリンスエドワード島へ。



朝の連続テレビ小説が「花子とアン」だなんてまだ知らない今年1月頃に
「プリンスエドワード島」に行こう!ときめて、うきうきしてました。
私はもちろん「赤毛のアン」も読んでたけど、  初めに
プリンスエドワード島に行きたいと思ったのは、キルトがきっかけでした。

ツアーでもキルト作家を訪ねるオプションが成立してよかった!
(成立しないことが多かったそうなので)

今回なんと飛行機はA席!!!乗り継いでからもA席!!!
外が見えるではありませんか!!
飛び立って7時間後、2回食事が出た後、そっと窓を開けてみると
f0032261_223787.jpg

頂上に雪を乗せた険しい山々。
時差というのがどうもよくわからないのですが、夜に向かって飛んでるはずなのに
結構明るいのは「白夜??」
それからほぼ1時間後
f0032261_2245847.jpg

f0032261_2246074.jpg

f0032261_2246993.jpg

だんだん険しさがなくなって、なだらかな平原のようなところに川が流れていたり、、、
それから2時間後にまた食事が出て、すっかりブロイラー気分になったころ
f0032261_2252664.jpg

ついに人の気配がし始めました。
プール付の家が立ち並んでいたり!  トロントに到着です。
f0032261_2301157.jpg

f0032261_22562735.jpg

各国語のお出迎えですが日本語はなかったので韓国の少女「환영합니다」
12時間は長い。
それからまた50人乗りの飛行機で2時間。ここもA席
f0032261_2363536.jpg

夜になったトロントを飛び立ち
f0032261_2382059.jpg

やっとプリンスエドワード島に到着。ちょうど12時間の時差があり、夜中の12時半です。

ってことは27日17時50分に飛び立って到着は28日の12時30分で
ここまで18時間20分も経っている~~   
ゆっくり寝て のんびり観光は明日からです。 もう時差のことは考えるのやめます。
[PR]
by 9peace | 2014-07-27 23:34 |

スペイン 17 7日目

バルセロナの街中はこんな素敵な噴水や
f0032261_20555489.jpg

コロンブスの像や
f0032261_20562779.jpg

何かわからない 素敵な 建物や(不親切で、いい加減な情報だらけのブログである)
f0032261_2057174.jpg

無印良品があった(日本風のものはこれだけ)
f0032261_2124342.jpg

カサ・ミラ  山をモチーフにした邸宅、最上階はガウディの博物館になっているが
見る時間がなかった。
f0032261_2151554.jpg

これはまた!!バスから見ただけなので何だかわかんないけど、
現代的な建物なのかしら?
f0032261_2175480.jpg

7,8日目に泊まったホテルは海のすぐそばで
f0032261_21103422.jpg

朝、晩3回も散歩をした。地中海の風は気持ちよくって!!!
大型犬を散歩させている人や、スケートボードしている人や
子供とボール遊びしているおとーさんや
たくさんの人を見かけた。


ここは昔、工場が立ち並んでいたのだとか!
工場を内陸部に移動して砂を入れて海岸にしたんだって!!


おまけ
f0032261_2114136.jpg

どこのホテルにもあったビデ
コックをひねると どば~~ッと水が出てくる!!
日本のちょろちょろしたビデから考えると
何とも豪快で 楽しくなるほどスッキリしてる!

ビデの話で報告を締めくくるのもなんだけど
9日間のことを二か月もかかって報告して、それが楽しかった!!
一つの旅を反芻して 何倍も楽しんだような気がする。

今回のこの旅で妙に自信がついて、また行きたくなってしまいました。
今度はどこに!!??
[PR]
by 9peace | 2013-07-30 21:32 |

スペイン 16 7日目

サグラダ・ファミリア教会(聖家族教会)の後は
バスからカサ・パトリョやサン・バウ病院を見て
グエル公園に行きました。
f0032261_221342.jpg

色とりどりのタイルで飾られた有名なトカゲは写真を撮る人が順番待ちで空くことがない。
f0032261_2272123.jpg

100本の柱が並んでいる。今にも岩が落ちてきそうな天井
f0032261_2293222.jpg



野外劇場にするはずだったテラスは、モザイクで飾られたベンチが取り囲んでいる。
何ともすわり心地のいいベンチで、人間工学に基づいているとか!
f0032261_22161795.jpg

f0032261_2218406.jpg

鳥が遊んでいたり
f0032261_22223365.jpg

f0032261_22332312.jpg

直線が一つもなくて不安定なのになぜだかほっとする不思議な空間です。
ここは、昔誰も来なかったのに日本人がはじめて来て、それで有名になったのだとか!!

だからサグラダ・ファミリアの主任彫刻家は日本人なのだと
ガイドさんは言ってました。



もうそろそろスペインも終わりにしないと別に報告したいことがたまってきているのだけれど
[PR]
by 9peace | 2013-07-24 22:36 |

スペイン 15 7日目

ついに!ついに”ガウディ”です。
f0032261_10184132.jpg

近くの公園から、見上げるとやはり工事中ですね。
f0032261_10204421.jpg

f0032261_10213462.jpg

主任彫刻家は日本人の外尾悦郎で、生誕のファザードを担当
「ハーブを奏でる天使」と「天使の合奏隊」を手彫りで
f0032261_10221066.jpg


受難のファザードはスペインの彫刻家スビラックスが担当、機械で制作している
f0032261_1033161.jpg


エレベーターで塔に上ることができる バルセロナ一望
f0032261_10341075.jpg

800段の階段で降りる。  目が回るよ~~
f0032261_1036124.jpg


地下には建設途中の展示がある博物館になっていて、
表にはこれもガウディの作品が移築されている
f0032261_10393763.jpg

これかわいくていいな~~

設計された当時は作れないと言われていたけれど
今はコンピュータのおかげで作れることがわかっていて
あと30年でできると言われているけれど、これは失業対策だから
そう簡単には完成させない!とか。
[PR]
by 9peace | 2013-07-19 10:47 |

スペイン14 6日目

バルセロナ到着!!
f0032261_10242989.jpg


バルセロナに着いたのは午後5時ころですが
何時も10時ころまで明るいので観光はまだまだこれからです。
バルセロナの旧市街、ゴシック地域を見学
リュイス・ドメネク・イ・モンタネール(建築家)の最高傑作ですって
今でもコンサートホールとして使われているカタルーニャ音楽堂。
f0032261_10275932.jpg

ベートーベンも居た
f0032261_10283159.jpg



カテドラル
f0032261_10334745.jpg
f0032261_10343872.jpg

なんとかっていうお祭りの最中で噴水に卵が浮いている(見えにくいけど)
f0032261_1036282.jpg


そして、王の広場
f0032261_1037068.jpg

ガイドさんが指さしている細長い窓の中の部屋で
コロンブスが新大陸発見を王様に報告したんだって!
発見って言われても、前からちゃんとあって生活してたんだけど!!

これは犬か?牛か?
バルセロナでは大型犬を散歩させている人が多かったみたい。
f0032261_10404928.jpg


f0032261_10481454.jpg

f0032261_10484311.jpg

f0032261_1049148.jpg

猫を連れて物乞いしている人がいた。
そのほかにも4人ほど(上品な奥様風の人も含め)路上で物乞いしている。
やっぱり厳しいのだろうか?
色々ある東京やイスタンブールよりマドリッドでオリンピックやってほしいと
秘かに思っているのですが。
[PR]
by 9peace | 2013-07-08 11:06 |