生保九条の会

f0032261_19525525.jpg

10月19日土曜日、生保九条の会の8周年記念講演会でした。
アーサー・ビナードさんのお話は面白くてためになる楽しいお話です。

午前中は謡の会でうなってきた。日本では俳句を詠む俳人、和歌を詠む歌人
自由詩の詩人と明確に分かれていて驚いた。

歌は最後に重要な部分を持ってくる
  さざれいしの いわおとなりて こけのむすまで、、、
こんなにコケを大事にする国はない
「こけこっか」だって!!!


苔には一番高濃度放射能がたまってしまう
こんなにコケを大事にするなら
再稼働なんてとんでもない!

なんて、話は縦横無尽です。


次のキルトの写真を見てもらって話しました。
英語だと文章の中に隠れてしまうけれど、日本語で
漢字で書くと大事なところが際立ってくるから
面白いって、日本語大好きなビナードさんでした。
[PR]
by 9peace | 2013-10-21 20:09 | 展示日記
<< 光州二日目 国立5・18民主墓地 >>