富岡能見台九条の会

富岡能見台九条の会の学習会が2月28日金沢地区センター
でひらかれました。
「田母神問題と憲法九条」を浜林先生に話していただき
その後、「バンクーバー九条の会とのつながり」ということで
お話しました。

 田母神発言の問題点
 これに対する批判、
 論文の背景
 これからの九条運動の課題、と
f0032261_12172774.jpg

 田母神発言の致命的な欠陥は
  日本が戦争に敗北し、平和国家として生まれ変わったという認識の欠如、
  日本が侵略国家であると認めると国家に対する愛着や誇りが失われる
  という発想
 これは日本国民全体として戦争責任を追及していないことが原因で、その隙を突かれている。
 この発言の狙いは勿論、九条が邪魔だからだけれど
 08・4月の名古屋高裁判決は自衛隊のイラクにおける行動は憲法違反であると断定しているし
 世界は問題を軍事ではなく平和的に解決しようという方向で動いている。

f0032261_12305759.jpg

難しい話の後は肩の力を抜いて
キルトのお話、、

港南台九条の会で話したことがきっかけで
バンクーバーにも広がったので
富岡能見台からは何が始まるでしょう?
楽しみですね!

会の看板を脇においてキルトがど真ん中を占めてしまったのはどうなんでしょう??

「私達も九条キルトを作りたい」というお話も出たので
新しい九条キルトが出来るかも!!!


  
[PR]
by 9peace | 2009-03-02 12:34 | 展示日記
<< 韓国語を習いに 衝撃の出会い >>